日吉皮膚科クリニック:当院からの挨拶

院長からのご挨拶

写真:副院長

こんにちは。日吉皮膚科クリニック院長の横田浩一です。

私は平成2年に北海道大学医学部を卒業後約30年にわたり皮膚科診療に携わってきました。北大皮膚科在籍時には診療はもとより研究や学生の教育を行い、その後函館中央病院皮膚科での勤務を経て現在に至っております。

皮膚科学というのは目に見えるためごまかしの効かない学問です。毎日が真剣勝負であり、特に初診の患者様においては正確な診断をおこなった上で患者様それぞれのご希望に応じた納得のいく治療を提供できるように日々努力しております。

また当院ではメディカルエステとしてシミ治療や脱毛にIPL、皮膚の引き締め治療にRF、肝斑やシミ治療にイオン導入、その他ウォーターピーリング、ピアスの穴開けといった様々なシステムを導入しております。最近の美容皮膚科の急速な進歩の恩恵を地域の皆様に提供していけるように研鑽してまいります。

当院は3名の皮膚科専門医で診療を行っております。皆様の利便性を考えて朝は7時30分から毎日診療を開始しております。また往診も随時おこなっておりますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。さらに今後は遠隔診療のシステムも導入する予定となっております。今後とも皆様に愛される地域のクリニックを目指して努力してまいりますのでなにとぞよろしくお願い申し上げます。

日吉皮膚科クリニック院長 横田 浩一

経歴

1989年
北海道大学医学部 卒業
1989~2003年
北海道大学医学部皮膚科学教室 在籍
1993年
苫小牧王子総合病院皮膚科 科長
1995年
アメリカ合衆国 ダラス サウスウエスタンメディカルセンター皮膚科 留学
1998年
北海道大学医学部皮膚科 助手
2000年
イギリス ロンドン セントジョーンズ皮膚病研究所 留学
2003年
函館中央病院皮膚科 科長
2007年
日吉皮膚科クリニック 院長
2010年
医療法人社団 北萌会 理事長

副院長からのご挨拶

平成4年近畿大学医学部卒業後、北海道大学皮膚科学講座に入局し、2年間大学病院で研修。平成6年より苫小牧市立病院、市立札幌病院勤務。平成10年から札幌鉄道病院に5年間勤務。平成11年には皮膚科専門医を取得。平成17年2月に当院を開業しました。

当院では、保健医療をはじめ健康的に若々しくありたいというご希望にそえるようメディカルエステをおこなっております。写真:副院長おもに私、横田田鶴子が担当しております。

皮膚疾患はいろいろな外的要素・内的要素から発症しますが、治療上は終了となりましても炎症後の色素沈着など疾患のアトが気になります。そのようなお悩みに対して本来の健康的な皮膚への回復へと導くためにいろいろな施術の組み合わせをおこなっております。当院のメディカルエステの方針は、病気としては治ったその後のアフターケアまで、患者様の満足度を上げるために行うものと考えております。

また、とくに大きなトラブルではなくても、年齢によっては今まで使っていた化粧品が突然あわなくなり、それが単純に年齢による影響なのかあるいは治療をするべき皮膚疾患が隠されていないかなどの原因の確認をし、それぞれの患者様の肌のコンディションにあわせたスキンケアの指導をおこなっております。お近くのマイ皮膚科としてご利用いただければ幸いです。どうぞお気軽にご相談ください。

日吉皮膚科クリニック副院長 横田 田鶴子

有澤医師からのご挨拶

写真:有澤医師

こんにちは、このたび日吉皮膚科クリニックで勤務させていただくことになりました、有澤快子です。

函館出身で、平成13年に北海道大学医学部を卒業し、北海道大学皮膚科学講座に入局いたしました。北海道大学病院、北海道がんセンター、函館中央病院で勤務し、平成18年に皮膚科専門医を取得いたしました。

皮膚は、見て、触れることができる、誰もが最も身近に感じられる臓器です。それだけに、肌の調子は日々の生活や気分に密接に関わります。ささいなことと思ってもどうぞ遠慮せず、気軽に受診していただければと思います。それぞれの方に合った治療や皮膚のケアをご提案させていただきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

日吉皮膚科クリニック医師 有澤 快子

ページ先頭に戻る